メインイメージ

睡眠環境が大きな影響を

寝ている間に他人とコミュニケーションをとったり、仕事をしたりする人はいません。 したがって、ストレスの一番の原因となる、他者との関わりや仕事(学業、その他諸々)のことを、“意識して”考えなくても良い、唯一の時間が睡眠中であると言えます。 つまり、一日のうちでもっともリラックスできる=ストレス解消になる時間が、寝ている時間というわけです。 だからこそ、この寝ている時間をしっかりと確保し、その質を高める必要があるのです。 先に述べた通り、どんな睡眠がベストなのかは個人によって大きく異なります。 そのため、まずは「自分の睡眠を知る」ことが、良質な睡眠を取るための第一歩となります。 少し手間がかかるかもしれませんが、 ・何時に寝て何時に起きると一番気分・体調がスッキリするのか ・入眠の前後、睡眠中、起床の前後はどんな環境だと爽快なのか ・日中の活動と睡眠との関係はどうか といった点に着目して、「睡眠の傾向と対策」を考えてみましょう。

Sub Menu

現代社会では難しい
規則正しくいるだけでも
寝ている時間こそが
生活にメリハリをつける事も