メインイメージ

生活のリズムが何よりも

生活にリズムをつけるということは、生活にメリハリをつけることでもあります。 生活にメリハリをつけるための最もわかりやすい方法としては、「オンとオフの切り替えをはっきりとさせる」ことが挙げられます。 それはつまり、仕事や家事、勉強などをだらだらとやるのではなく、「○時までは集中して取り組み、△時からは休憩時間にする」といった具合に、やるべき時とそうでない時をキッパリと区切する、ということです。 メリハリの無い生活だと、平日は仕事のめどがいつまでたってもつかず、休日には際限なく何時間でも寝てしまう、といった“だらだらとした生活”になってしまい、気づかないうちにストレスが蓄積し、いつの間にか脳の健康状態も悪化していた、ということになりかねません。 脳が健康であるほど、より高度な思考・判断に長け、人間としてもより優れている、というもの。 その礎となるのが、「ストレスをため込まないように、生活にリズムとメリハリをつけて、休息としての睡眠をしっかりととる」という、基本的かつ簡単なことなのですから、今すぐ実行に移さない手はありません。

Sub Menu

現代社会では難しい
規則正しくいるだけでも
寝ている時間こそが
生活にメリハリをつける事も