メインイメージ

脳の健康でいることの大切さ

「規則」と言うと、「堅苦しい」「面倒くさい」といった具合で“ストレス”になってしまいそうですが、脳の健康を保つために必要な「規則」というものもあります。 まず、脳の健康を保つために「ストレスを解消する方法を身につける」というのが、規則その1になります。 ストレスを感じている脳はいわば「脳が興奮した状態」にあるため、可能であれば、眠る前くらいは脳への刺激を避けたいところです。 例えば、寝る前にテレビを見たり本を読んだりするのを控える、刺激物を含んだ飲食物を摂らない、あれこれ考えずにゆったりする、といった方法が挙げられます。 規則その2は、「適度に体を動かす」ことです。 指先の運動だけでなく、全身を使った運動も脳の健康維持に役立ちます。 規則その3は、「アルコールやタバコを摂らない」ことです。 アルコールやタバコは一見ストレスを解消できていそうですが、実際は脳の細胞や血管に悪影響を与えています。完全に避けるのが難しければ、控えめに。 そして、重要なのが規則その4「規則正しい生活を心がける」こと。 上記3つの規則に加えて、決まった時間の起床・就寝を心がけ、睡眠をしっかりととることを意識してください。 どれも非常に単純な規則ですが、これらを実践していれば、脳はもちろん体も健康でいることができます。 最初に述べた通り、「規則」は「窮屈」なイメージを伴っているのも事実ですが、一方で、次のような状況を想像してみてください。 ・職場や学校で、毎日知らない人とかわるがわる話をする ・自宅や職場あるいは外出中、不規則に電話の応対をしなければならない もしかすると「変化が多くて刺激的」と感じる人がいるかもしれませんが、大半の人にとってはそうではないはずです。 つまり、「規則正しい生活」というのは、こういうことです。 「○○では△△する」という日常は、実は、脳の健康にとってそれほど悪いことではありません。 もちろん、これらの規則を「厳守しなければ」となってしまうのでは、本末転倒になってしまうため、「脳の健康を維持するための習慣・エクササイズ」程度に捉え、「忘れていなければ実行する」ことから始めてみてください。

規則正しくいるだけでも

「脳の健康維持のために生活を規則正しく」とは言うものの、実際は難しいかもしれません。 仕事が忙しくなれば、「体を動かす」のは難しいでしょうし、 続きは・・・

Sub Menu

現代社会では難しい
規則正しくいるだけでも
寝ている時間こそが
生活にメリハリをつける事も