メインイメージ

脳の健康でいることの大切さ

医師でない普通の人でも「この器官だけはとても大切」とわかる体の部位が「脳」です。

例えば「脳が機能しなくなった状態(=脳が死んだ状態)」を「人の死」とする「脳死」という言葉からわかるように、脳はきわめて重要な器官です。

ですから、体と同じように「脳の健康状態」を気に掛けることがとても大切です。「脳卒中や脳梗塞を防ぐために、食べ物に含まれる塩分や脂肪分を控えめにする」といった、いわば「脳のフィジカル面(身体的・肉体的)の健康管理」も大切ですが、「脳のメンタル面(心的・精神的)の健康管理」も欠くことができません。

イチオシサイト
イチロクのレンタルがお得

ここで言う「脳のメンタル面の健康管理」とは、脳に過剰なストレスを与えない、という意味での「健康管理」になります。近頃、うつ病や適応障害、睡眠障害といった「精神的な病」に関する話題が多くなってきていますが、実はこういった病は「脳の健康状態」が悪化することによって引き起こされるのです。

例えばうつ病。
うつ病は脳内物質である「セロトニン」の減少によって発症することが知られていますが、セロトニンの減少はストレスの蓄積で顕著に見られます。

そのストレスは精神的な負担によって発生しますが、この精神的な負担というのは、何も具体的な“いさかい”である必要はなく、睡眠不足のような些細なことでも発生します。

こういった「精神的な疲れ」は脳によって引き起こされ、脳に蓄積するわけですから、「脳のメンタル面の健康管理」が大切になってくるのです。そうは言うものの、「こんな『脳の健康管理はとても大切』というお話は聞き飽きた」、「自分はストレスとは無縁だ」という人がいるかもしれません。

イチオシサイト
探す基準は成功者が行うセミナーを

そんな、いまひとつ「脳の健康」の大切さにピンと来ない人のために、気になるお話を1つ。
高齢者に多く見られる「認知症」ですが、認知症には「脳の健康」が大きく関わっている、という研究が最近非常に注目を浴びています。

また、これまでは「高齢者だけが発症する」と言われていた認知症ですが、40代で発症するいわゆる「若年性認知症」にも注目が集まっています。
いかがでしょうか?

イチオシサイト
親子であっても順位の区別はある

あなたは本当にストレスとは無縁でしょうか?本当に脳の健康に気を遣わなくても良いのでしょうか?もちろん、そんなはずはありませんね。

そこでここでは、“脳の健康維持・管理に良いとされる方法”をいくつかご紹介したいと思います。みなさんの脳の健康状態をできるだけ長く持続させ、すこやかな毎日を過ごしていただくための一助となれば幸いです。

Sub Menu

現代社会では難しい
規則正しくいるだけでも
寝ている時間こそが
生活にメリハリをつける事も